不妊

不妊にのめりこまないこと、気楽に考えること。

では、いったいどのようにしたら、ポジティブな姿勢を保てるのか、いっしょに考えていきましょう。

 

まず大事なことは、不妊のことや赤ちゃんのことにとらわれすぎないことです。

 

夫婦の会話の中心が、妊娠のことばかりになっていませんか?

 

あるいは、ことあるごとに不妊の話をパートナーにもちかけていませんか? もういちど、最近の日常を振り返ってみましょう。

 

もし、そういうことがいくつもあると思い当たるようであれば、一度、赤ちゃんのことや不妊治療のことを頭から切り離す勇気を持ってください。

 

私がいつも感じていることは、不妊は一刻を争うものではないということと、刻を争っているカップルほど、かえって妊娠しにくいということです。

 

ですから、毎月タイミング法を試みているという人は,たとえば2S3か月、不妊のことも排卵日のことも忘れて、夫婦の生活を楽しむことにスポットライトを当ててみてはいかがでしょうか。

 

それからもうひとつ、できるだけ不妊を気楽に考えるということも大切です。

 

赤ちゃんができるかどうかは誰にもわからないんだから気楽にやろう、そう思えると、気持ちが前向きになれるし、自分とパートナーの関係を冷静に見つめなおすきっかけにもなります。

 

不妊治療よりも、妊娠よりも、その前にもっと大切なことがあることを忘れないでください。