ワキガ,多汗症対策

ワキガ・多汗症の治療法を検証しましょう

Q.ワキガ手術にはどんな手法があるのですか?私は、現在、長い間悩んできたワキガの手術を受ける事をためらっています。

 

それ故に諸々な雑誌を読んで情報を集めているのですが、専門用語も多く今ひとつ明確にわかりません。

 

そんな訳でワキガ手術やクリアネオ 口コミを投稿した経験を持つ方に聞いてみたところ、手術の跡を見せてくれました。

 

かなり大きな傷跡で正直いって感銘ましたが、その方は「もう1十年以上前に受けた手術なので仕方がない、現在はさらに進んでいるから安心だよ」といってくれました。

 

「傷は全く残らない」「入院の必須もない」「わずかな間ですむ」などと書いてあります。

 

ワキガ手術もかなり成長したようですが帰するところ心もとないも残ります。

 

ワキガの手術にはどんな種類があり各々どんな技術で行うのか教えてください。

 

中村克枝22才?企業員。

 

※A.ニオイのもとを断ち切って、2度とワキガで悩まなくてすむ技術-それが外科的療法、つまりワキガ手術です。

 

医療のワールドワイドではワキガの手術は古くから行われていて、そこそこに道のりもあります。

 

ただし過去の手段では大きな傷跡が残ってしまったり根本的な除去が不完全なために再発を繰り返したりと、問題のあるものも少なくないのですでした。

 

ワキガの手術には、これまでの手法として切除法、剪除法、皮下組織掻爬法皮下組織削除法、皮下組織吸引法などがあります。

 

加えて直近ででは最先端の手段として超音波を用いた手術が行われるようになっています。

 

各々の手術法について手間なくに解説しておきましょう。

 

●切除法。

 

文字通り、ワキの下の有毛ところを切って取り除いてしまう手術で最も古くから行われているメソッドです。

 

エクリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂腺を皮膚ごとそっくりはぎ取りますから、ワキガ治療の目的は万全に全うするされます。

 

とはいっても、この技術が問題なのは大きな傷跡が残る事。

 

その上切除後皮膚を引っ張って縫合しますから、引きつって腕の上下運動がスムースにできなくなったり、皮下組織の血管や神経が圧迫されて正常に性能しなくなる事もあります。

 

皮膚の引きつれをなくすためにところ切除にしたり、切り口を紡錘形からZ型やW型にするなどの着想がなされましたが、かえって醜い傷跡が残る結果になってしまいました。

 

しかも手術後、完対策するるまで約253週間の安静、入院が不可欠です。

 

●剪除法。

 

ワキの下のシワに沿って4S5センチの切り込みを数本入れ、皮膚をめくって裏側のアポクリン汗腺を取り除くテクニックです。

 

この手法だと皮膚の引きつれは起こりませんが、数本の傷跡が残ります。

 

その上、エクリン汗腺の除去は困難なので、多汗症の改善は望めません。

 

皮膚をめくったステータスでアポクリン汗腺を1本1本取り除く作業は、高度な技術と集中力を必須とします。

 

手術時もずーっと、コストもかなりかかります。

 

?皮下組織掻爬法。

 

ワキの下の中心部に数センチの切り口を開けて、キューレットと呼ばれる器具を挿入し、皮膚の裏側を削ってアポクリン汗腺を掻き出す手法です。

 

切除法や剪除法のように大きな傷跡が残る事はないのですが、スプーン状の器具を用いるため手術後、皮膚が生着しにくく、回復に時がかかります。

 

?皮下組織削除法。

 

ワキの下の皮膚を1センチほど切開し一方の先端に鋭い刃がありもう一方の先端に小さなローラーがついたハサミ状の器具を用いて、皮膚の裏側のアポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂腺を削り取る手段です。

 

複雑な器具を使用するため医者の熟練した技術が必須とされます。

 

傷跡は1センチほどのものが数か所残ります。

 

皮膚を薄く削ってしまうため広範囲にわたって皮膚が硬くなって色も変わってしまうため、腕を上げると手術を受けた事がわかってしまいます。

 

手術後に、3日間程度の入院が必須です。

 

●皮下組織吸引法。

 

ワキの下の皮膚に数ミリの穴を開け、カニューレと呼ばれる細い管を挿入してアポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂腺を吸い取る技術です。

 

これは脂肪吸引の技術をワキガの手術に応用したものです。

 

数ミリの穴を開けるだけなので傷跡はおおかた残りません。

 

皮膚の生着も早く、入院の必須もないのです。

 

けれども、汗腺がパーフェクトに吸引しきれない事から、必然的にニオイが残りやすいという難点があります。

 

●超音波治療法。

 

直近で、最先端の手法として脚光を浴びている画期的な手術です。

 

次の項で細かいところまで解説しますが、造作なくにいえば超音波の力でアポクリン汗腺、エクリン汗腺皮脂腺とすべての分泌腺を破壊するテクニックです。